ブロガーとアフィリエイターの違い

私のイメージは以下の通り。

  • ブロガーは、平社員に近いプレイングマネージャー
  • アフィリエイターは、ビジネスオーナーに近いプレイングマネージャー

どちらも、自分の労働が「0」になることは無い。よほどシステム化(外注化、人員の組織化)しない限り、完全不労所得とはなり得ないことは、両者共通。

ブロガーは常に走り続ける

常に新しい話題を提供し、発信し続ける必要がある。その人の個性も大切。基本的には1つのメディア(ブログ)を、その人自身が更新し続ける。

ブログの方向性や、マネタイズを考える必要がある側面から「プレイングマネージャー」でもあるが、永遠に労働から解放されない点においては、平社員に近いと思う。

もちろん、ブログを書いて発信するのが好きであれば、その労働も苦にならないと思いますが。

アフィリエイターは、サイトを次々に上場させるイメージ

対してアフィリエイターは、1つのメディア(アフィリエイトサイト)にこだわらず、1つのサイトが完成(=上場)すれば、次のサイトに着手する。

いわば1つのビジネスを立ち上げ、リリースしたら終わり。といビジネスオーナー的な側面がある。

しかし、リリースしたサイトも「メンテナンスが必要な点」や、「ある程度の数を保有するまでは新規サイトを作り続けなければならない点」から、実務を伴うプレイングマネージャー的な側面もある。

私はアフィリエイターだ。個性を出すのは性合わないし、このブログは思ったことを書きなぐる、いわば趣味のようなモノ。